顧問契約までの流れとその後の業務

 顧問契約までの流れ
        「業務のご案内」においても触れていますが、顧問契約を結び毎月の顧問料をいただ
        くことにより「税務代理」と「税務相談」を随時行うこととなります。
        「税務相談」はお分かりいただけると思いますが、「税務代理」とは、個人や法人の
        税金に関わる事項、例えば、申告書や申請書、請求書、あるいは不服申立書といった
        各種書類の提出をお客様に代わって代理代行することや税務調査における立会い、そ
        してそれらの事項に関して官公署に対し主張や答弁をお客様に代わって代理代行する
        ことです。
         普段からの節税対策を始め、税務調査時の対処など税理士をよき相談相手としてご
        活用ください。 
         では、顧問契約までの流れですが、大まかには左表のとおりとなります。
         なお、画像が鮮明でなければ、大変申し訳ございませんが、保存後印刷してご確認
        い。
 ご契約後の業務の流れ
 顧問契約と併せて①書類ファイリング(請求書や領収書など会計処理や申告の基礎資料の整理)や➁記帳代行(前述の基礎資料に基づき各取引を仕訳し総勘定元帳などの会計帳簿を作成)を依頼される場合ですが、まず、原則、毎月①の書類をお預かりし、➁の記帳代行業務を行います。そして処理が終了し次第、作成した元帳や試算表などと併せてお預かりした書類をお返しします。年間を通して以上のような作業の繰り返しとなりますが、随時、税務情報のお知らせや経営分析に基づいたご提案などを行うとともに税務相談も承ります。


業務項目 業 務 内 容 な ど
①書類ファイリング ⑴基礎資料を原則、毎月お預かりします。その際、ご自宅又は事務所等にお伺いすることもできます。
⑵お預かりした書類をファイリング゙します。
⑶事前に収入、経費に係る請求書、領収書、通帳などをご用意ください。
➁記帳代行 ⑴お預かりした書類に基づき各取引を仕訳(借方/貸方)し会計ソフトへ入力します。
⑵領収書の取れない取引などは、入出金伝票の作成をお願いします。
⑶預金通帳からの入出金について確認しておいてください。(個人の場合、事業主貸借の整理を行う必要があるため。)
➂会計帳簿の作成等 ⑴仕訳入力の後、作成した総勘定元帳や試算表などとお預かりした書類をお渡しします。
⑵その際、税務上、経営上の注意点などがあればお知らせします。また、税務相談なども承ります。
①~➂反復 年間を通して上記作業を繰り返します。
④決算書など作成 ⑴税務上の収益/費用、益金/損金などの振替(決算)処理を行います。
⑵損益計算書、貸借対照表などを作成します。
➄確定申告書作成 ⑴作成した決算書などに基づき確定申告書を作成します。
⑵個人事業主の場合、所得控除などの書類についてご用意ください。
⑶法人の場合、中間申告(予定申告)が必要となる場合があります。。

                                    平成28年4月現在